デザインオフィス移転工事3

リフォームの中でも、新たに玄関を設ける場合に必ず発生する仕事があります。
「上がり框」です。

上げ床がなければ一から床を作っていけばいいのですが
ここは元々フローリングが張られていましたので
納まりを慎重に考えなければなりません。


IMG_8165.jpg
既存の窓と腰壁をぶち抜いて玄関ドアの施工までは終わらせました。


IMG_8166.jpg
既存のフローリングを丁寧にカットし、コンクリート打設で玄関土間の下地を作ります。


IMG_8170.jpg
それから蹴上の立ち上がりを作り


IMG_8171.jpg
事前に工場で製作しておいた框を組み立てます。


IMG_8172.jpg
立ち上がりが框の土台になります。
そして接着剤を塗布。


IMG_8174.jpg
組み立てた框を乗せ、24時間圧着します。


IMG_8175.jpg
取付完了です。


現場の状況は全て同じとは限らないので、各現場ごとに施工方法を考案します。

僕がまだ見習い大工の頃、
師匠たちにいつもこう叱られました。

「じんぶんは生きているうちに使え!!」

「じんぶん」とは沖縄の方言で ”知恵” のことです。

大工という仕事は施工法を自ら考案できなければ務まりません。
我々よりもはるかにレベルが高い宮大工などは、
じんぶんのトップクラスと言えるでしょう。
尊敬します・・・。

さあ!框ができればあとは仕上げ作業を残すのみです。
さらに気を引き締めてがんばります!




"デザインオフィス移転工事3" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】