新外国物

2年ほど前からお付き合いをしているアメリカ人のお客様からキッチン取付の依頼があり、 現在取付をしているところです。 直接メーカーから取り寄せたということですが、よくよく見てみると、 あら・・・? デザインも作りも、これまでとは全然違う・・・。 「どこから手に入れたの?」と聞いてみると。 「中国」 え・・、今、話題沸騰中のですか? 心の中でそうつぶやきながら、 少々不安を抱きながら、 取付を進めていくと。 案外、いい感じ。 っていうか、アメリカ製よりも断然いい! つまりアメリカ製は、はっきり言って雑なんですよ、 作りが。(ちょい愚痴) まあ、すべてがそうではないと思いますが・・・。 それに比べて精度もしっかりしてるし、 取付が楽々! 世界各国、善し悪しありますけど、 パーフェクトを目指すことは無理なんでしょうかね・・・。 やはり、人間そのものがすることですからね・・・。 日本も含めてですが。 「僕もがんばろっ・・・」

続きを読む

Green&Blue Kitchen

2世帯住宅に取りつけたキッチンは、 緑と青の親子キッチンでした。 Green Kitchen Blue Kitchen 

続きを読む

NK邸キッチン完成

NK邸キッチンが完成しました。 お隣りの奥様も大喜びです。 施主の奥様とは、結局 一度も会えませんでした。 隣の奥さ~ん! キッチン取換えいかが~?

続きを読む

NK邸キッチン取付中

今回は住宅密集地での取付となりました。 三方が住宅に囲まれており、時折お隣りの奥様が、羨ましそうに窓の外からのぞいています。 雨降りの日曜出勤で1人黙々と作業をしていると、まるで背後霊のように窓の外に立っていて、心臓が止まりそうになります。 奥さん!「ニコ」って笑っても・・・ 怖いよ・・あんた・・・。 今回はメイプル材ナチュラル仕上。

続きを読む

A邸キッチンほぼ完了

A邸キッチン完了・・・ と言いたいところですが、 アイランドの天板(大理石)の 到着が遅れております。 他の天板は取付完了です。 石職人との共同作業でしたが、 やはり本物は見事です!

続きを読む

G邸キッチン

このアメリカ製キッチンの素材は「ヒッコリー」です。 扉、フレーム、モールディングはヒッコリーの無垢材。 箱はヒッコリーの合板。 天板は人造大理石です。 「ヒッコリー」はドラムスティックの材料としても有名です。 材質は非常に固く、このセットの取付だけでドリルのキリが3本も折れました。 しかしソリは少ないです。

続きを読む

A邸キッチン取付中

久々のアメリカ製キッチンです。 これまでに百数軒ものアメリカ製キッチンを取付けてきましたが、 今回のは前代未聞のデカさと豪華さです。 壁には全面に大理石が張られています。 普段は天板に人造大理石を使いますが、 ここの天板は本物の大理石が乗っかるそうです。 キッチンに本物の大理石なんて今まで聞いたことがありません。 さすがにこれだけは専門の石職人のお仕事になります。 トータルのお値段を考えると・・・ 気が遠くなりそうです。 なんじゃこりゃ! レンジフードです。 下地材を加工し、化粧パネルを貼付け、 各部材をひとつひとつ取付けて、機械を中に埋め込みます。 これだけでも二日かかってます。

続きを読む

TM邸キッチン

今日完成した輸入キッチンです。 アメリカ製でオーク材が使われています。 天板以外はすべて木製。 日本製と違い加工にかなりの手間がかかります。 キッチンの取付けというより、家具の組立といった感じです。

続きを読む

宍道湖しじみ
いぬはぐ
楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】