音を奏でるための部屋 完成

壁紙が仕上がり、空調設備も完了した。 最後はきれいにクリーニングして完成! 換気設備には「ロスナイ」を取り入れた。 全熱交換器というシステムだ。 これ一台で吸排気を同時に行いながらも部屋の温度を変化させない。 密閉室には最適だ。 お客様はとても、とても、とても喜んでくださった。 お客様のご協力のおかげで僕もじっくり落ち着いて仕事ができた。 契約の際、僕は設計図と全ての仕様書、そして見積もりと工程表を提示する。 この見知らぬ建築屋が特殊な工事をさせていただくために、 そして信用していただくために、 僕はゆっくりと概要を説明する。 そして契約書にお互いの署名をし、工事が始まるのだが、 僕はこの時点ではお客様からの信頼は無いと思っている。 本当の信頼関係が生まれるのは、 工事を完了したあとだ。 お客様が契約書の通りにこの建築屋がいいものを作ってくれたと認めた瞬間、 この人に頼んでよかったと・・・本気で思ってくれたなら・・・ この言葉が出る・・・ 「ほんとうにありがとうございました!」 今日は最高の笑顔でこの言葉をいただいた。 そして信頼関係が成立した。 見知らぬこの僕を信用してくれて、 ほんとうにありがとうございました。 今回の工事ではもちろん改善すべき点も見つかった。 だからこれからも勉強を…

続きを読む

音を奏でるための部屋9

天井仕上げには「ロックウール吸音板」を使う。 天井は楽器の音が特に跳ね返るため、 このような低い天井には吸音が必要になる。 天井が仕上がったら床仕上げに入る。 床には防音ドアの色味に合わせたダークブラウンの「合板フロアー」を張る。 そして次に床巾木を張っていくのだが、 音響を良くするために壁の角度を変えた4隅は この巾木張りがやりやすくなるように角度計算をしておいた。 それは60度と30度だ。 巾木を付き合わせるときにその角度を2分割すればいい。 うまくいった! これで全ての大工仕事が完了した。 あとは壁紙職人が来るのを待つ。

続きを読む

音を奏でるための部屋8

防音壁の設置も最終段階に入った。 躯体の梁があった部分も、空間を作りながら防音していく。 最終層の木下地を組んだあとに再びグラスウールを詰めていく。 寝室がある廊下側の壁は、空間部分も含めると厚みが50センチほどになった。 いよいよ防音工事のメインとなる防音ドアの設置を始める。 ドア枠を慎重に、精密に、0.5ミリの狂いもなく取り付ける。 そして重いドアを吊り込む。 いよいよ後半戦だ。

続きを読む

音を奏でるための部屋7

防音壁の施工が続く。 グラスウールを詰めて、石膏ボードで閉じていく作業を四方同様に行う。 さらに2枚目のボードを重ね貼りする。 とても地道な作業をひたすら繰り返していくが、 頭の中には常に完成したときのイメージが描かれている。 この時点で出来高55%ぐらいだ。

続きを読む

音を奏でるための部屋6

浮床が終わったら防音壁を作っていく。 石膏ボードを1枚張った下地枠を1スパンごとに立てていく。 浮き天井と浮床に接合して背面に空間を作る。 それからグラスウールを詰めていく。 さらに石膏ボードで閉じていく。 ボードの継ぎ目をコーキングし、ボードをもう一枚重ね貼りする。 このように躯体にはどこも接触していない状態を作る。 梁がある部分は浮き天井に直接接合できないため独自に施工法を考えた。 防振ゴムを躯体に接着させておき、下地枠をゴムに当てて固定する。 四方の壁を順序よく設置していく。 壁の背面は全て空間ができたことになる。

続きを読む

音を奏でるための部屋5

躯体の基本的な防音が終わったら 防音工事の要とも言える施工を進めていく。 「浮床」を作る。 浮床専用の防振ゴムを水平に設置していく。 そしてきれいにグラスウールを敷き詰める。 躯体周囲には絶縁するためのウレタンボードを貼っているが、 本来は高密度の96Kグラスウールを貼るはずだった。 しかしこの沖縄ではどこの問屋も扱っていない。 昨年に本土の問屋へ問い合わせたが、 送料があまりにも高すぎて断念せざるを得なかった。 そこで仕方なく代用した。 次に5分合板を防振ゴムに乗せていく。 続けて目地をずらしながら2層目の合板を張っていく。 これを6層まで繰り返す。 通常は生コンクリートを流し込んで重い浮床にするのだが、 今回の現場には生コン車もポンプ車も設置することができなかったため 合板複層の浮床にすることにした。 合板とウレタンボードの間にあらかじめ隙間を作り、 2層目の段階でシリコンをクッション材として注入する。 96Kグラスウールならこれをする必要はない。 なぜならウレタンボードはわずかに音振動を伝えてしまうため 完璧な絶縁とはならない。 それで独自にクッションを設け、振動を伝わりにくくしたわけだ。 最終層で再度コーキングを行う。

続きを読む

音を奏でるための部屋4

最も重要な部分の防音に取り掛かる。 それは窓。 まず、窓をロックした状態で隙間を全てコーキングする。 隙間風が全く入らなくなった時点で、外の騒音はかなり軽減される。 空気伝搬音を遮ったことになるが、これでは不十分だ。 例えばヘリコプターが飛んでいたとしたら、 その音は空気を伝わって窓にぶつかり、 振動音となって室内に聞こえてくる。 これが音の原理だ。 窓を覆うための石膏ボード二重張りパネルを作り、 窓ガラスおよびパネルに「ガイナ」を塗装する。 ガラス面には特殊な密着シーラーを塗っている。 ガイナを複数回塗り重ねる。 その目的は、吸音と結露防止だ。 梅雨時期や真冬に窓ガラスが結露することを誰もが経験していると思う。 その窓をパネルで覆って密閉するわけだから、その中で恐ろしい結露が発生することは 容易に予測できる。 それをガイナで防ぐわけだ。 それにガイナを塗っておけば、外側から窓を見た時に 白いフィルムが貼られているように見える。 塗装が乾いたらアルミ枠の周囲にシーリング材をたっぷり塗布し、 パネルを密着させて設置する。 これで隙間は完璧に塞がれたことになる。 そしてさらにグラスウールを詰めて吸音する。 窓枠外周のパネルとの隙間には発砲ウレタンを注入しておく。 厳重に施工できるところは抜かりなくやっておく。 …

続きを読む

音を奏でるための部屋3

天井を作っていくのだが、 使用する部品や施工法も一般のやり方とは大きく変わる。 まずは吊りボルトが特殊になる。 ボルトが2段階になっていて中間にゴムが付いているのが防振ハンガーという部品だ。 スラブと天井を縁切りして振動音を伝えないようにする目的で使う。 例えばアパートなどでは、上階で子供が走り回る時の振動音が下階に響くことがよくある。 それは固体振動が吊りボルトに伝わり、天井板まで伝達されてしまうからである。 木下地が完了した。 1枚目の石膏ボードを張っていく。 周囲の壁とは4〜5センチの隙間を作り、絶縁する。 ボードの継ぎ目をコーキングし、空気伝搬音を遮る。 1枚目を張り終えたら、さらに2枚目の石膏ボードを張っていく。 さらに木下地を設置し グラスウールを設置していく。 ここで天井にも1回目の吸音効果を備えておく。 まだ、1回目だ。 グラスウールを埋め終わったら、もう一回石膏ボードを張る。 このように防音工事は「遮音」と「吸音」の両方を行なっていかなければならない。 ここで天井作業を一旦中断し、別の作業に取り掛かる。

続きを読む

音を奏でるための部屋2

躯体壁の下地処理が終わったら、特殊な塗装を施す。 これは独自の施工法になる。 おそらく日本中で誰もやっていないだろう。 まず、通常のアクリルエマルジョン系シーラーを塗布する。 そして主材になるのがこの「ガイナ」だ。 この塗料の存在を知り、我が工場の外壁に遮熱塗装として利用したのが今から12年前。 そしてこの塗料が持つ複数の機能をスタジオ防音工事に利用したいと考えたのが今から6年前だった。 細かなセラミック粒子が含まれているこの塗料の機能は、 遮熱、吸音、防臭、防カビ、結露防止、 さらにはマイナスイオンを発生させて 森林の中にいる状態に近い環境を作り出す。 僕は自主研修として東京メーカー本社を12年前に訪問している。 それぐらい心を動かされた建築資材だったということだ。 そしてその「ガイナ」を躯体および排水管全てに塗布する。 さらに僕が経験した上での概念を詳しく説明すると 通常の住宅天井裏というのは「自然換気口」という穴が設けられている。 その理由は、天井裏が密閉空間になり空気がよどみ、生活空間との温度差も生じることで 「結露」が発生することを防ぐためである。 結露が発生する条件とは、その空間で「空気がよどむ」「隣空間との温度差が発生する」 ほぼこの2つだ。 氷水の入ったグラスの外側で結露が起こるのと同じことが天井裏でも起こるわけだ。 特に真夏…

続きを読む

音を奏でるための部屋

同時進行で進めているもう一つの現場を紹介しよう。 以前から新築で進めている「音を極める場所」とジャンルは似ているが、 目的が大きく変わる。 そして僕は名付けた。 「音を奏でるための部屋」 まずはBeforeの写真から。 ここは一般住宅だが、施主家族が趣味で楽器を演奏しておられる。 実はこの部屋で演奏されているのだが、防音工事などは一切されていない。 もちろん近隣からの苦情は免れない。 それを解決するために、僕へ依頼が来たわけだ。 設計は1年前に終わらせていたので、じっくりとイメージトレーニングをすることができた。 準備は万全だ。 そして着工。 まずは既存の壁紙を全て剥がし、次に合板や下地木材、 そして不要なキッチンなどを撤去していく。 床も特殊防音床に変更するため、全て取り払う。 躯体をむき出しの状態にしたあとは、地道な下地処理が始まる。 床の境目にブロックを積み、防音浮き床の準備をしておく。 木解体をした後に発見した既存のブロック積みの壁は 隙間を全てセメントで埋めていく。 周囲の隙間や目地に至るまで、髪の毛一本も通らないように埋める。 実はこの初期作業が最も重要になる。 髪の毛一本も・・・つまり空気がほんの少しでも通ってはいけないということだ。 これが…

続きを読む

生まれ故郷をリノベーション 完成

完成した。 リビング・ダイニングルーム 右側の廊下が一階からの通路で途中にトイレと浴室、そして奥様の仕事部屋がある。 左側出入口はご主人の仕事場と寝室に繋がる。 開放的なキッチン 大勢の客を招いて立食パーティーもできそうだ。 奥様の仕事部屋には通気と採光のための小窓を設置した。 片手で簡単に開閉できる。 奥様のご要望だった。 壁紙のアクセントも全て奥様のお好みだ。 既存の収納もきれいにアレンジし直した。 リビングから寝室へ向かう右側にはご主人の仕事部屋があり 奥に寝室がある。 右上の小窓が奥様の部屋の窓となっている。 エアコンは寝室にあり、その冷気と昼間の自然光をここから奥様の部屋へ取り込むという仕組みだ。 寝室にクローゼットを作った。 新しいユニットシャワーはとても使いやすそうだ。 その左奥には洗濯機が設置される。 洗濯機の向かいに洗面台があり、その左側にオープンの収納スペースを作った。 写真紹介は以上となるが、 実はこのリノベーションにはとても興味深い要素が含まれている。 これは間取りの平面図だが、 この基本設計をしたのは・・奥様である。 僕が細かい注意点と設備計画を補足しただけだ…

続きを読む

生まれ故郷をリノベーション3

現場での下地組立作業が全て終わり、 壁紙職人にクロス仕上げを任せている間に 僕は工場でキッチン対面カウンターを製作する。 天板はメラミン化粧板で作り、本体下部をクロス仕上げする予定だ。 現場へ搬入設置する。 待機していた職人に木目調の壁紙を貼ってもらう。 内側は施主奥様が使用する家具が入る予定だ。 そのサイズを基準に設計した。 横の壁から出しておいた電源配線もカウンターの本体に取り入れ、 カウンター内側で家電製品が使えるようになる。 これも奥様の要望だった。 洗面台が収まる間仕切り部分も無事にクロスが仕上がっていた。 取付班の職人を呼ぶ。 ピッタリと収まった。 トイレの内装も事前に仕上げておいた。 床は特殊なタイル調の防水シート。 腰壁はバスパネル。 腰上の壁と天井はクロスで仕上げた。 水を思いっきり使ってトイレ掃除したいという奥様の要望に応えた。 そして水道設備の職人が来て、 全て仕上がった。 さて、いよいよ完成する。 次回をお楽しみに。

続きを読む

生まれ故郷をリノベーション2

工事は順調に進んでいる。 木部の解体を全て終えた状態。 トイレ出入り口の向きを替えるために既存のブロック壁をぶち抜いた。 新たに作る壁の下地を作っていく。 アシスタントがこの作業を習得してくれた。 その間に僕は新しい床を作る。 床を張り終えたあとはユニットシャワーとキッチンの取付が行われた。 こちらはメーカーの職人が担当する。 次に間仕切り下地の骨組みを組み立てていく。 骨組みの上に合板と石膏ボードを張って壁紙の下地を作っていく。 この辺りから部屋の間取りがイメージできるようになる。

続きを読む

生まれ故郷をリノベーション

前回のマンション一室リノベーションを終えたあとは、 新たな二階建て住宅のリノベーションに取り掛かっている。 この物件も打ち合わせが長期化したが、 施主も僕自身も納得する計画となった。 築年数は40余年。 先日のマンションとほぼ同時期に建てられたものだ。 まずはBeforeの写真から 間仕切りと収納がしっかりと作られていて、なかなか手間のかかった間取りだ。 早速解体する。 解体された木材は、昔よく使われていた「南洋ヒノキ」という東南アジアの木材。 40年以上前の沖縄の建築ではこの木が頻繁に使われていた。 今ではほとんど、いや、全く無いだろう・・・。 この解体工事を行うことで、当時の大工の性格がはっきりと浮かび上がってくる。 のちほど詳しく説明するとしよう・・・。

続きを読む

長く住み続けるために 完成

リビングと予備室の間仕切り引き戸を取り付けた。 それを開けると 大広間になる。 戸袋のうしろにはウォークインクローゼット。 その左側には洗濯機を設置できるようにした。 元々このマンションの設計ではベランダに洗濯機の設置場所があった。 沖縄の台風にさらされる洗濯機は実にかわいそうだ。 しかし洗面室があまりにも狭かったため、室内への移設は困難だとあきらめていた時、 奥様がつぶやいた・・・ 「私の寝室に洗濯機が置けるといいのに・・・」 僕はすぐにひらめいてトイレの壁構造を調べた。 空洞ブロック積みの壁だった! そしてトイレの排水に分岐接続することを思いつき、 実行したわけだ。 うまくいった! これが洗面室の出入り口 中央に洗面脱衣室があり、 左側にトイレ。 つまりこの壁の反対側に洗濯機があるということだ。 流し込みのコンクリート構造であればあきらめていたが、 空洞ブロックだったので簡単に穴を開けて配管を通すことができた。 右側に浴室。 元の水回りのままだが、浴室の壁を少し寄せて洗面台の横にタオル棚が置けるスペースを作った。 そして仏壇収納。 余ったスペースに小さな扉をつけて予備のテーブルなどを収納できるようにした。 奥の部屋にはピアノ…

続きを読む

長く住み続けるために6

工場にて窓の額縁やドア枠を製作してきた。 それを現場で組み立てて設置していく。 ダークブラウンで着色する枠は「メラピ材」で作り、 防水塗装をする水周りの枠を「ヒバ材」で作る。 仕上げの目的によって木の種類を変えるわけだ。 これは掃出し窓の額縁となる。 間仕切り引戸の枠も設置した。 右側が戸袋となる。 ウォークインクローゼットの折戸だけは既製品を使った。 作業効率を上げるためだ。 浴室ドアの額縁はヒバ材となる。 浴室に入る前には洗面室とトイレの出入り口がある。 ここはメラピの引戸とした。 当初は片開き戸で計画していたが、施主の要望により途中で引戸に切り替えた。 既存の通路も脱衣室も狭いため、この変更は有利な決断となった。 実際に生活する施主のイメージはとても重要な結論につながることもある。 枠の設置が全て終わったら、塗装屋を呼んで仕上げてもらう。 塗装が終わったらすぐにクロス屋を入れて天井と壁の最終仕上げを行う。 その間に僕は重要な大工仕事を行う。 建具屋に製作してもらっていた各種建具の金物取付加工だ。 とてもシビアな作業と言っていいだろう。 意識を集中していなければ必ず失敗する。 そして金物加工が終わったら、再び塗装屋を呼んで建具の縁塗装をやってもらう。 …

続きを読む

長く住み続けるために5

工事中は施主ご家族がアパートへ仮住いしてくださっているのだが、 どうしても引越しできない荷物は多くある。 それを数回移動しながら各部屋の施工を進めていかなくてはならない。 リフォームには必ずつきまとう問題ではあるが、これも我々の知恵が試されることになる。 最初に荷物を仮置きしておいた部屋がようやく空いたので、 最後に残っていた床の張替え作業を進めていく。 既存の床下地のうねりはひどかった・・・ 築40年以上ともなれば、これは仕方ないことなのだが、 我々はそれを放っておくわけにはいかない。 高さを改めて調整していきながら新しい床材を張っていく。 最後の床貼り工事がやっと終わった! 続けて細かい壁の改修を進めていく。 これから先は特に細かい作業が続くことになる。 まずは押入れだった部分の壁を作り直し、 仏壇を収めるための収納を作っていく 一通り下地が完了した。 そして床貼りが終わった部分には、新しい間仕切りを作るのだが、 以前は単にまっすぐな壁があったところに少しクランクを作り、 そこに食器棚を収めるための新たなスペースを設けていく。 ここが食器棚スペースとなる。 工事中はしばしここが工具置き場となるのは致し方ない・・・ 続けて間仕切り引戸のマグサ部分を作っていく。 マグサというのはつまり、下がり壁を…

続きを読む

長く住み続けるために4

木工事以外に水周りも改修していく。 既存の浴室と洗面室、さらにトイレもかなり狭いスペースに収まっていた。 その広さを変えることはできないが、できるだけ使いやすくすることはできる。 まず既存の床タイルと浴槽を撤去し、防水床を新たに作る。 防水は自ら施工した。 防水が完全硬化したら、新しい浴槽を水道屋に設置してもらう。 続けて浴室折戸のアルミ枠を設置するため、鋼製下地を溶接で組み立てる。 これも自ら施工する。 アルミ業者が枠を設置したらすぐに土間コンを流し、床の最終下地を作っておく。 今回は土間タイルは使わない。 なので自ら排水溝への勾配仕上げを施工した。 のちに特殊な床シートを貼るまで乾燥させる。 その間にキッチン業者は取り付けを完了していた。 ダークブラウンのキッチンを施主は選んだ。 今回のリノベーションは全体的な色をダークブラウンに統一している。 ダイニングと洋間は新たに天井を作り始めた。 石膏ボードの下地が完了した。 続けて間仕切り壁を作っていく。 この時点で少しずつ間取りのイメージが見えてくる。 リフォームの場合、細かな雑仕事が山ほどある。 既存の下地を残しながら仕上げる壁は、このように既存の壁紙を剥がしておく必要がある。 40年も経った古い壁紙はなかなか剥がれにくい。…

続きを読む

長く住み続けるために3

続けて既存の和室とリビングに取り掛かる。 まずはここを全て解体する。 床の骨組みだけ残し、スケルトンにした。 畳間だった床部分には下地合板を張り、二重床の施工をする。 玄関の上がり框も新しく設置する。 そして新しいフローリングを張っていく。 アシスタントが施工中写真を撮ってくれた。 畳間はリビングとなり、ダイニングと床が1つになる。 来週から入ってくるキッチン業者に間に合わせるために、 キッチン壁の下地作りも進めていく。 下地の基本調整の方法をアシスタントに教えていく。 以前から外国人を工事現場に雇い入れることは想定内だったし、 そしてそれが女性であっても全く問題ないと考えていた。 彼女は自宅の家具を全て自分で製作し、ドイツのご実家のリフォームも自分で行うほどの腕前だ。 そして僕の教えを忠実に覚えていき、僕と同じように真面目に働いてくれる。 さらに仕事が丁寧かつ繊細だ。 下地調整が完了したら、すぐに仕上げのキッチンパネルを張っていく。 金額的にも高い材料なので、失敗は決して許されない。 キッチンが収まる部分の壁仕上げがひとまず終わった。 これでキッチン業者にバトンを手渡せるというわけだ。 明…

続きを読む

長く住み続けるために 2

施主は仮住まいへお引越しされたが、 大型の荷物はもちろん残ることとなる。 ピアノ、仏壇、冷蔵庫、その他の家具など、 これらを一時的に保管しなければならない。 そこで奥の一室の床を先に改装し、そこへ集める作戦を取った。 既存の床はぶよぶよに腐れている部分もあった。 基本的にフローリングは全て張り替える。 周囲の木製巾木は壁板の差し込み加工で床に乗っている施工をされていたため、 最初に壁の下部を切って巾木を撤去しなければならなかった。 この部屋の壁は補修程度で納める予定だ。 無垢材のフローリングだと思っていた床材は、 合板複層だった。 どおりで腐れていたわけだ。 そしてこの部屋だけが他部屋より7センチ下がりで作られていたため 骨組みを上に増やして更に二重張りの下地ベニヤを張り、 他部屋の高さと合わせる。 そしてケーブル用の配管も行っておく。 新しいフローリング材を張っていく。 施主が好むダークブラウンの材料を選んだ。 床は仕上がった。 壁の補修はのちに行うこととして一旦この部屋の作業を終える。 そしてこの部屋の中央に居残り家具を集め、のちに周囲の壁を補修していく予定だ。 ピアノがあるため、もちろん引越し業者を呼んだ。 しかし全ての家具は収まらなかった。 結局もう1つの洋室にも家具を置いたままで別部屋の施工をすることにした。 住…

続きを読む

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】