天井を高く・・完了

最終仕上げに入っていく。 間仕切り組立が終わり、その後塗装屋に枠を仕上げてもらった。 そして建具製作取付も完了し このあと最終のクロス仕上げに取り掛かる。 かなり若手の職人が来たのだが、クロス屋社長がこう紹介してきた。 「俺の息子だからよろしく!」 おお!こう来たか! 君も僕と同じく職人不足で嘆いていたはずだが・・・ そして肝心の腕は・・・? なかなかいいじゃないか! おかげできれいに仕上がった。 僕はおもわず社長へこう言った。 「蛙の子は蛙だな!」 正直・・・うらやましかった。 他業者の仕事はまだ残っているが、僕はすでに別現場を数件抱えているためここで引き上げる。 さあ、また休みが取れなくなりそうだ・・・が、 無理をせず、いいものを作り続けよう!

続きを読む

天井を高く

天井をスケルトンにして塗装してほしい というご要望から既存の天井を解体したのだが、 最上階のスラブには断熱材が入っていることが多い。 発砲ウレタンの表面に塗装はできないので スラブ面だけに下地を作ることにした。 まずは木材で骨組みを作り 石膏ボードを張っていく ボードを張り終えたら 塗装屋に入ってもらい、パテ処理という作業が進められる。 天井が紺色になった。 ここから先はさらに追加工事となり、 間仕切りを作っていく。 今回は数日だけアシスタントを雇った。 おかげで自分が作業している姿を残すことができた。 しかし相変わらず大工を目指す若者は出てこない どうなることやら・・・

続きを読む

できる人とできない人

これまで様々なクライアントの独立開業や移転、改装などのご依頼に応えてきた。 それらの物件というのは本当に様々で、開店後、十数年客入りが衰えない店舗もあれば まもなく閉店したり、借金を増加させながらいつまでたっても改善できない店舗など いくつかのパターンに分かれる。 その中の閉店してしまう店舗の要件として挙げられるのが「立地」だったりするのだが、 僕が今まで見てきた”経営者”の性質で考えると「立地」が悪いということを理由にする経営者は ダメな人がほとんどだと思っている。 その基準となるのがやはり・・・ 「人任せ」の経営者だ。 それは決して拭えない・・・。 今回のご依頼は、僕が以前作ったある店舗の閉店に伴う工事となった。 その店舗を見に行くと原状回復工事が中断されていた。 ご依頼はその物件の大家さんからなのだが、 その日は僕の予想どおり、大家さんの怒りの愚痴を聞くことから始まった。 僕はその悲惨なストーリーに耳を傾けずにはいられなかった。 そして数年前に開業をお手伝いしたはずの仕事が今は 被害者の大家さんを助けるという仕事に変わってしまったわけだ。 できる人とできない人 僕は二者をこう分析する。 できる人 先を読む、自分で動く、低迷をほったらかしにしない、人そして客を大事にする、真面目 できない人 成り行きに任せる、お金の話ばかりする、他人を羨む、人のせいにす…

続きを読む

ウミカジテラスにて

突貫工事スタートです。 現場は瀬長島ウミカジテラスにあるレストラン。 店舗スタッフが片付けを終え、既存の厨房機器も一旦撤去。 吊り棚を残してカウンターと間仕切りを完全に無くします。 土間を斫って配管を埋設したら、床シートの貼り直し。 壁際の電気と水道工事も終わらせて。 新しい冷蔵機器を搬入します。 製作しておいた什器を設置していきます。 設置もほぼ完了しました。 吊り棚も倍に増やしました。 厨房が以前の2倍に広くなったということです。 なんとかリニューアルオープンに間に合わせました。 みんなお疲れ様、ありがとう。 さあ!あとは飲んで寝るだけだ! さすがに疲れたな・・・

続きを読む

mou模様替え2

タイルも仕上がり、 次は照明器具の取付です。 いつも協力してもらっている電気屋さんが施工します。 照明もレトロなやつを選んでいるので、 あえて配管はスチールパイプをむき出しで取り付けます。 通常はコンクリートの中に埋め込む部材ですが これも施主の要望なので、いかに、どう見せるか・・・ 電気工事が進んでる間に、僕はテーブルの改造をします。 施主の手作りテーブルに少し手を加えて天板を広くしてあげます。 この、へたうま感を残すことが大事なんです! メタルラックの塗装も終わりました。 厨房では片付けが進み、いよいよオープンの準備です。 そして、完成しました。 施主が選んだ照明器具 カッコイイです! 参考にして、僕は次の現場に取り掛かります! ずっと掛け持ちが続きます・・・ ひたすら動き続けます!! 次もお楽しみに!

続きを読む

mou模様替え

前回のリフォームから2年 新たな模様替えを行います。 「もっともっとカッコイイ店にしたい・・・」 施主はずっと夢を抱いていました。 僕は客として足繁く通い、その要望をじっくりと聞き出し、 計画を立てていきました。 そしていよいよ着工です。 まずはbeforeの状況から。 今回は壁面のイメージを変えていきます。 それと、厨房周りの棚を取り換えます。 まずは装飾品をすべて取り外し うねった既存の石膏ボード壁を合板で補強します。 そして登場するのが タイル職人さん 貼っているのはイタリアから輸入したレンガタイルです。 とにかく厳選しました。 はっきり言って・・ 高額です! しかし、施主も僕も妥協はしませんでした。 そして目地を入れていきます。 タイル職人が作業している間に、僕は吊り棚の作業に取り掛かります。 1ヶ月前から工場で製作してきたメタルシェルフです。 自ら溶接してすべて作りました。 構造を説明すると・・・ 平行するコンクリートの梁にL型アングルをアンカー固定して それに橋を架けるようにアングルで梁を作り そこへ吊り棚をボルト固定します。 重量は100キロを超えるため、工場ではパーツごとに分けて溶接しました。 …

続きを読む

garden kuu cafe 2号店 完成

内装リフォームが終わりました。 お店はまだ準備中。 厨房もコンパクトに収まりました。 以前の雑貨屋さんも無くなったわけではありません。 共同店舗として営業です。 既存のカウンターを再利用しながら食事用のカウンターを新たに製作しました。 トイレ通路 トイレの手洗いが保健所的にも必要だったので、 タンク上部を改造して手洗いカウンターを設けました。 とっさに浮かんだ僕のアイディアですが、また使えそうです。 9月10日オープンです。 近くにお越しの際は、ぜひ「ピザランチ」をどうぞ! 〒901-2126 沖縄県浦添市宮城4丁目3−14

続きを読む

kuu 2号店

ここは浦添にある雑貨屋さん。 ここを改装することになりました。 雑貨屋さんからcafeに変身させます。 改装前はこんな感じ cafeなので厨房が必要なります。 元々水回りはありません。施工法をいろいろ考えました。 窓際をうまく利用します。 まずは防炎パネルの下地を作ります。 同時に排気フードを製作設置。 窓ガラスを一枚潰して換気扇を設置できるように加工しました。 トイレは事務室にしかありません。 なので店と事務室を仕切っている壁をぶち抜いて、 さらに事務室側へ境界間仕切りを設置。 お客様用通路を作りました。 さらに事務室の入り口にもドア用の壁を設けました。 厨房はフルオープンなのでステンレスではなくキッチンパネルを使いました。 雰囲気をやわらかくしたかった・・・。 明日からはカウンターの製作に入ります。

続きを読む

コンテナの使い方2

もうとっくに出来上がっていたのですが、 ようやく写真を撮りに行くことができたので更新します。 コンテナは企業様の本社1階店舗前に運ばれました。 窓の前には小さなカウンターを取り付けました。 これが後ろ側 この時点でお分かりだと思いますが。 中には厨房機器が収まっています。 既にフル稼動していました。 このリフォームの目的は、1階の飲食店の厨房が狭く 客の回転に追いつかないため、 テラス席の一角に別棟の厨房を作るという計画だったのです。 外壁仕上げは低予算の関係で省かれました。 しかし日曜大工が得意なスタッフさんがいるおかげで、断熱塗装もゆっくりと進んでいるようです。 これが車なら、 移動パーラーですね・・・(笑)

続きを読む

コンテナの使い方

長年お付き合いをさせていただいている企業様から 今までにやったことのないご注文をいただきました。 これまで様々な建物をリフォームしてきましたが、 今回のリフォームはちょっと違う。 これを使うのです ↓ 見ての通り、コンテナです。 不思議なことですが、僕はこの依頼を受ける直前に コンテナに関わる建築工事に下請けで携わっていました。 ただ僕自身がそのコンテナを扱うようなことは決してありえないと 考えていました。 顧客との最初の打ち合わせで、「コンテナは別途にしてほしい」と 申し入れたのですが、 顧客は・・・ 「全てジーノさんにお任せしたい!」 そして結局引き受けることになったのです。 まあ、これも何かの縁なのでしょうね・・・ 直前に関わっていたこともあり、 すんなりとコンテナの手配ができたというわけです。 ならば本気でやってやろうじゃないの! すぐにチームを結成して自分の設計図を職人たちへ配ります。 まずは鉄工職人のヤードへコンテナを運び、切断加工からスタートです。 やっぱりプロは早い! ガス切断機やグラインダーを巧みに使いこなし、 窓、ドア枠をはめ込んでいきます。 そして僕も加工に加わります。 内部の吊り棚を加工、溶接していきます。 アルミサッシの枠が取り付けられました。 引き違い窓も既に入っています。 吊り棚も完成させました。 鉄工職人は不思…

続きを読む

レストランmouリニューアル

最後に残っていたドアハンドルの取付も終わり、 すべての工事が完了しました。 オーナー夫婦は先週からお掃除、仕込みと リニューアルオープンに向けて大忙しです。 看板も新しくなり、以前よりシンプルでかわいくなりましたね。 内照式の袖看板もいい味出してます。 オーナー夫婦自ら塗装替えした玄関。 イエローのドア枠がアクセントになっています。 檜のカウンタートップに、古風なレンガタイル。 オーナーと共に作った作品と言ってもいいでしょう。 奥のテーブル席は特等席のようにも見えます。 腰壁を取付けたことで壁の絵画も映えるようになりました。 そして何と言っても厨房! 以前は2人が交差するときに体をのばしてよけていましたが、 もうその必要はありません。 そして僕が待ち望んでいた言葉が奥様の口から飛び出しました。 『快適です!』 うれしかったです・・・。 とっても。 引き受けてほんとによかった。 ありがとうございます。 ここは僕がずっと思っていた、 安らぎの場所。 皆様も、 ここで癒されてみませんか・・・。 美味しい料理とワインと、 そしてオーナー夫婦の笑顔。 どうぞこちらへ mou

続きを読む

レストランmou 3

カウンターが仕上がったあとは ホールの腰壁を作っていきます。 元々はボードに塗装された壁でした。 その上に杉を加工した巾木と腰見切りを取りつけて、 下地の合板を張ります。 さらに杉の羽目板を丁寧に張っていき 張り終わったら着色して一日乾燥させたあと ラッカー塗装をしていきます。 仕上がりました。 ちょっとアメリカンな感じになりますね。 現場を進めながら工場では箱ものを手がけていきます。 厨房出入口の調整壁を作ります。 こちらはレジカウンター兼収納棚。 さあ、 もう一息です!

続きを読む

レストランmou 2

既存カウンターを解体したあとは、 新たにカウンターを作ります。 しかし今度は厨房スペースを80センチ広くします。 広くした分、水道配管も移動します。 そして生コン打設 カウンタートップも以前より奥行きを広くしました。 いつも食べながら「せまいな〜」っと思っていたので、 これはオーナーとも意見が一致。 トップの仕上げには檜材を使いました。 固くて強いし、木目も美しいですからね。 オーナー自ら研磨作業を始めてくださいました。 助かります・・・。 木張りがすべて終わり、いよいよ着色塗装です。 カウンターの下に潜り込んで、 またまたオーナーがんばっています。 そしてさらに、 奥様との協同作業も覚えたようです! さすが・・・ 料理以外の作業も息がピッタリ合うんですね! 素敵なご夫婦です。 あれ・・・ 僕が施工者のはずなのに、 なんでカメラマンになっているのでしょう・・・? この現場始まってから時々立場が逆転するんですよね〜。 でも教えてあげたことをすぐに実践して覚えてくださるので、 ほんとに助かります。 自ら事業を行うという思いは、 どの仕事も共通なんですね。 僕もmouの従業員になったつもりでがんばらなければ!!

続きを読む

レストランmou

飲食店はこれまで色々手がけてきましたが、 今回の物件はとても長い人繋がりから生まれたものです。 レストランmou こちらを改装することになりました。 手作り感の漂う、落ち着いた雰囲気の店です。 今から2年ほど前ですが、 様々な経営者が集う行きつけのbarでフレンチのシェフと出会いました。 とても興味深い方だったので僕はすぐにランチを食べに行き、 その後ディナーへも行きました。 シェフの料理を気に入ったのはもちろんのことですが、 ちょうどその時ギャルソンをしていたソムリエさんの とても素晴らしい接客に僕は感激してしまい、 またその接客を受けたいがために 2週間後に行ったのです。 意気投合した僕らは 男同士で飲みに行こうではないかということに。 そして彼が紹介してくれた店がこのmouだったのです。 飲み始めて間もなく彼の口から驚きの言葉が。 近々故郷の茨城へ帰るのだと・・・。 しかしその理由が、僕の寂しさを一瞬にして吹き飛ばしたのです。 独立して故郷でレストランをオープンするのだと! 君なら必ず成功するよ! 僕はありったけの応援の言葉を彼に伝え、 店をあとにしました。 そして彼が去ったあとも、 僕はこのmouへ何度も通うことになったのです。 夫婦で営むこの温かい店。 仲良くなるにつれプライベートで飲みに行くようになり、 いつしか主人の口から、 「店を改装したいのでジーノさんにお願い…

続きを読む

らーめん我道 完成

ラーメン屋 完成しました。 今回は黒がメインです。 玄関ドアは僕が手作りしました。 前の面影も少し残っているでしょうか。 テーブルとベンチは既存のものを改造しました。 厨房は一番お金かかっていますよ! オープンに向けてスタッフも準備に追われています。 厨房横の廊下をすり抜けると。 奥にはテーブル席があります。 掘りごたつ風の座席も作りました。 いろいろあって少し工期が遅れてしまいましたが、 予想以上の仕上がりに オーナーさんも喜んでくれました。 醤油ラーメンを試食させていただきましたが、 なかなかのお味でしたよ! らーめん我道 沖縄本店 北谷町美浜2-2-11 皆様どうぞ足をお運びください。

続きを読む

職人の仕事2

現場もだんだんと形が見えてきました。 この職人の仕事が始まると、 通行人や信号待ちの運転手からも注目されるようになります。 看板の取付です。 この時点で居酒屋からラーメン屋に変わることがわかります。 内装もいよいよ仕上げに取りかかっています。 この作業も職人技です。 カウンタートップのベルビアンシート張り きれいに仕上がりました。 その次は 天井のクロス仕上げも始まりました。 こちらはクロス職人の仕事 黒い天井に仕上がりました。 オープンまで残りわずか・・・ 無休でがんばります!

続きを読む

職人の仕事

現場では様々な仕事をプロの職人に依頼しています。 まずはこの職人から 「はつり屋」と呼ばれるコンクリート解体のプロです。 2人で来て、わずか一日足らずで解体を終えました。 次なる職人は 「ブロック屋」 こちらも2人で来て3時間足らずで終わりました。 その後、僕ひとりで鉄筋型枠組立。 スラブ打ちを数人で行ない、 そして次に来るのが 「左官屋」 モルタルで壁を仕上げていきます。 こちらはひとりで一日足らず。 この職人たちのおかげで ものづくりは成り立っています。 ほんとにありがたいです。

続きを読む

飲食店改装

久しぶりに飲食店の改装工事やります。 まずはビフォアーの写真を。 この外観、見覚えのある方も多いと思います。 中に入ったことのある方もこの内装はよくご存知でしょう。 奥にもかなり広い客間があったようですね。 トイレは3カ所もありました。 プランも決定し、いよいよリフォーム始めます。 進捗状況はその都度紹介していきます。 今度は何屋さんになるのか・・・ お楽しみに・・・。

続きを読む

おみやげの館オープン

隣の店とは、ちょっと違う・・・ オリジナル商品のお店。 まだ商品が揃っていませんが、 かろうじてオープンとなりました。

続きを読む

おみやげの館

ここは某有名観光地の公園内。 これはおみやげ品店が並ぶ建物です。 3坪ほどの店を改装中です。 天井、壁の仕上げが終わり、このあと、什器の取付をしていきます。 昼間は観光客があふれているので、取付作業は夜間になります。 公園には野良猫が20匹ほどいて、 夜は建物の周囲に、たむろします。 猫の手も借りたいほど忙しいというのに、 こいつらは僕の夜食をねらって集まってくるだけで、 何の役にもたちません。 こいつお腹大きいけど、 もっと増えるのかな・・・。

続きを読む

宍道湖しじみ
いぬはぐ
楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】