細工扉2

現場にて取付工事です。 今日は早朝4時出発。5時から作業開始。 前夜から工事を進めている空調業者とバトンタッチです。 空調機器の修理も終わっていました。 まずは開口部をきれいに切断して計画寸法にします。 これでメンテも楽になりました。 次はクロス仕上げ業者にバトンタッチ。 僕の仕事は終わりました。 ここは沖縄か? という感じのロケーションですね。 1泊2名で・・・ ¥200000だそうです!(◎_◎;) いつか泊まれるようになりたいな・・・

続きを読む

細工扉

長年お世話になっている空調業者さんからの電話 「ジーノさん!なにかいい方法ないですか〜!!」 呼び出された現場に向かうとそこは 北部の高級リゾートホテル内にあるBar 天井が開けられているようで、仮のふたがされている。 話によると、空調機器のメンテナンスのために開口したが、メンテの度に天井を壊していたのでは大変だと。 それで、特注の大型点検口を作ることになったのです。 しかも空調機器は2カ所。 扉を加工 隠し丁番をセットします。 こちらが枠。 これが、天井に2カ所も付くんですよ! でか!! クロス貼りに備えて縁の塗装をしておきます。 現場がうまくいきますように・・・

続きを読む

遮りたい場所

マンションなどのリフォームを終えると 生活を始めたお客様から更なるご要望が発生するのは よくあることです。 これはとてもありがたいことです。 住みよい環境にしてあげましょう! マンションは様々な設計をされているもので、 ここは物干し場用のベランダが近隣の玄関を向いている。 ちょっとプライバシー的にもよろしくないと・・・。 なので目隠しをすることになるのですが 日当たりの良くない向きということもあり、 ある程度の採光は必要だと考え、僕なりの提案を。 すべて覆うのではなく 頭から胸の範囲が隠れる程度の高さに目隠しを設ける。 実はこれ、ホームセンターで売ってるルーバーラティスを使っているんです。 塗装替えをして。 柱と金具は工場で自ら製作。 そして市販品と組み合わせる。 すごい低コストになるんです!

続きを読む

無垢ドアを取り替える

組み立てを終えたドアと枠を工場で塗装しておきます。 屋外用の防腐塗装なので乾燥は3日ほどかかります。 そしていよいよ取り付けですが、店舗が無休なので 客が居ない限られた時間帯を利用して一気に行います。 その店舗がこちら オープン当初から家族ぐるみでお付合いをさせていただいている garden kuu cafe 最初のリフォームでは外国製の無垢ドアを取り付けましたが、 劣化が異常に早くて何度も補修する羽目に・・・。 もう限界なので思い切って取り替えることになりました。 既存のドア枠を手早く撤去して新しい枠を取り付けます。 ドアを吊り込んでまずは第一工程完了。 そして飾り枠を上のアーチ部分へ組み込み完成です。 ほんとはアーチ部分にガラスを入れたかったのですが、 予算の問題で・・・ね。

続きを読む

無垢のドア完成

僕の組立が終わった無垢の玄関ドアは家具職人T氏の手に渡り 塗装が施されました。 枠の製作や全体のデコレーションはT氏の仕事。 同時にタイル職人による外壁改装も完了していました。 実はここ、店舗の玄関で外国製の家具屋さんになるそうです。 杉材で作ったドアは見事にお化粧され、高級感のあるドアハンドルも付いていました。 アメリカンを得意とするT氏のデザインはさすがです。 玄関だけ見ると、まるで外国にいるみたいです。 お手伝いができて、ほんとによかった・・・。 今後もコラボレーションを続けていくつもりです。 職人の和が広がっていくと・・・ いいな・・・。

続きを読む

成長とともに2

そして完成しました。 1階の階段口です。 2階も同じく扉を設置しました。 使わない時は180度開いて壁に固定できます。 次は縁側です。 まずは大引きという土台を組み立てます。 固い材質の床板を乗せ、ステン釘で固定します。 通常ならこれで濡れ縁は完成です。 しかしお子様の安全を考慮して 手摺を付けました。 扉とステップを設けたので外からの出入りもできます。 お子様がもっと成長すれば手摺もいらなくなるので その時は簡単に外すことができます。 作業が終わって感じたこと・・・ これって、保育園だよね・・・ ということで営業! 「保育園の柵作ります。一般住宅もOKです!!」 \(^O^)/

続きを読む

成長とともに

今年の初めに増築工事をご依頼してくださったお客様から 再びご依頼があり、調査に向かいました。 工事が2月に完了した頃、お客様の第二子が誕生するという おめでたいことがあったのですが、 その時のかわいい赤ちゃんがどんどん成長し 今ではミニ怪獣となっていたのです! ここは階段口 ここをハイハイして上るようになり困っていると。 2階からは転落の可能性ありですね。 おまけに高い掃き出しから転落しそうになるということで それぞれの場所に対策を施すことになりました。 階段口は格子の扉をつけることになりました。 工場にて製作し、塗装も終わらせておきます。 掃き出しは手摺付きの縁側を作ることにしました。 これも工場である程度作っておきます。 縁側の部材はあらかじめ防腐塗装を施しておきます。 現場での施工時間をなるべく短くするためです。 段取り、下準備が7割 現場作業3割 これが僕のやり方です。 現場でモタモタするとお客様に迷惑をかけてしまうので これが一番いいんです。 さて、準備が整いました。 天気の具合を見て、現場に行きます。

続きを読む

マンションをアレンジ part2

部屋の中には書棚を製作しました。 ベランダにはデッキを 今回の工事では施主様の設計をもとに施工計画を立てましたが、 なにしろマンションの上階ですから資材運搬が一番の問題でした。 そして壁、収納をパーツごとに分けて工場製作し、 狭いエレベーターをフル活用して搬入を行い、 できるだけ現場作業を簡潔にしました。 今後の仕事に応用できるいい経験だったと思います。 ベランダから眺める夕焼けです。 この景色が、ビールの味を引き立てるんだろうね~。 僕もマンション欲しいなあ~・・・。

続きを読む

マンションをアレンジ part1

最近のマンションの間取りやデザインって、 どこも似たり寄ったりな気がします。 せっかく住むなら、自分に合う環境にしたいと思うのは 当然ですよね。 というわけで新築のマンションの一室を、 アレンジすることになりました。 広いリビングに 壁を作っちゃいます。 市販のキャビネットをくり抜いた壁にはめ込んで 引き戸をつけて ちょっとしたプライベートルームの出来上がりです。

続きを読む

プライベートルーム

築40年の住宅の庭に、木造の小部屋を作りました。 駐車スペースの土間整備も含め、 気温30度以上の猛暑の最中、 一ヶ月ほどで完成しました。 駐車場から裏庭へ向かうと小部屋が顔を覗かせます。 住宅と小部屋の間を抜けます。 3坪弱の小さな部屋です。 住宅の掃き出しから素足で移動できるように、ウッドデッキを敷きました。 もちろんガーデンパーティーも可能です。 屋根はトタン張りですが、室内の天井裏にはグラスウールを詰めて断熱しているので、暑さも雨音もかなり減らすことができました。 手作りの木製窓には、昔懐かしいねじ込み式の真鍮鍵を使いました。 東側はちょうど道路の交差点になっていて信号待ちの車との目線が気になったので、窓を高めに設定し、遠くの景色と青空が見えるようにしました。 9月にはオーナー夫人の第一子が誕生する予定です。 将来は子供部屋になることでしょう・・・。

続きを読む

倉庫階段

階段が完成しました。 通常なら鉄骨になりそうですが、木でもいけますね。 仕上げは屋外用の保護着色剤で塗装しました。

続きを読む

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】