音を奏でるための部屋6

浮床が終わったら防音壁を作っていく。


IMG_1612.jpg

石膏ボードを1枚張った下地枠を1スパンごとに立てていく。



IMG_1611.jpg

IMG_1610.jpg

浮き天井と浮床に接合して背面に空間を作る。



IMG_1617.jpg

IMG_1620.jpg

それからグラスウールを詰めていく。



IMG_1621.jpg

さらに石膏ボードで閉じていく。



IMG_1624.jpg

ボードの継ぎ目をコーキングし、ボードをもう一枚重ね貼りする。



IMG_1623.jpg

このように躯体にはどこも接触していない状態を作る。




IMG_1627.jpg

梁がある部分は浮き天井に直接接合できないため独自に施工法を考えた。



IMG_1628.jpg

IMG_1631.jpg

防振ゴムを躯体に接着させておき、下地枠をゴムに当てて固定する。




IMG_1632.jpg

四方の壁を順序よく設置していく。



IMG_1633.jpg

壁の背面は全て空間ができたことになる。







この記事へのコメント

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】