生まれ故郷をリノベーション

前回のマンション一室リノベーションを終えたあとは、
新たな二階建て住宅のリノベーションに取り掛かっている。

この物件も打ち合わせが長期化したが、
施主も僕自身も納得する計画となった。

築年数は40余年。
先日のマンションとほぼ同時期に建てられたものだ。

まずはBeforeの写真から


IMG_8851.jpg

IMG_8852.jpg

IMG_8853.jpg

IMG_8854.jpg

IMG_8855.jpg

IMG_8856.jpg

IMG_8858.jpg

IMG_8860.jpg


間仕切りと収納がしっかりと作られていて、なかなか手間のかかった間取りだ。

早速解体する。



IMG_8861.jpg

IMG_8862.jpg

IMG_8863.jpg



解体された木材は、昔よく使われていた「南洋ヒノキ」という東南アジアの木材。
40年以上前の沖縄の建築ではこの木が頻繁に使われていた。

今ではほとんど、いや、全く無いだろう・・・。


この解体工事を行うことで、当時の大工の性格がはっきりと浮かび上がってくる。

のちほど詳しく説明するとしよう・・・。








この記事へのコメント

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】