長く住み続けるために3

続けて既存の和室とリビングに取り掛かる。


IMG_8735.jpg

IMG_8734.jpg

まずはここを全て解体する。



IMG_8738.jpg

IMG_8736.jpg

床の骨組みだけ残し、スケルトンにした。



IMG_8739.jpg

IMG_8752.jpg

IMG_8753.jpg

畳間だった床部分には下地合板を張り、二重床の施工をする。



IMG_3458.jpg

玄関の上がり框も新しく設置する。



IMG_8757.jpg

そして新しいフローリングを張っていく。

アシスタントが施工中写真を撮ってくれた。


IMG_8763.jpg

畳間はリビングとなり、ダイニングと床が1つになる。



来週から入ってくるキッチン業者に間に合わせるために、
キッチン壁の下地作りも進めていく。


IMG_8765.jpg

IMG_8767.jpg

下地の基本調整の方法をアシスタントに教えていく。

以前から外国人を工事現場に雇い入れることは想定内だったし、
そしてそれが女性であっても全く問題ないと考えていた。

彼女は自宅の家具を全て自分で製作し、ドイツのご実家のリフォームも自分で行うほどの腕前だ。

そして僕の教えを忠実に覚えていき、僕と同じように真面目に働いてくれる。

さらに仕事が丁寧かつ繊細だ。



IMG_8769.jpg

下地調整が完了したら、すぐに仕上げのキッチンパネルを張っていく。


IMG_8770.jpg

金額的にも高い材料なので、失敗は決して許されない。



IMG_8774.jpg

キッチンが収まる部分の壁仕上げがひとまず終わった。

これでキッチン業者にバトンを手渡せるというわけだ。



明日は浴室床の防水工事と建具用鉄骨下地の溶接を自分で行う。











この記事へのコメント

宍道湖しじみ
いぬはぐ
楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】