ものづくりの先にあるもの

僕が「ものづくり」に憧れて独立し成長していく過程のなかで、
ずっと心の師匠として尊敬し続けている人物が「松下幸之助」である。
これまで読んできた多くの書籍のなかに書かれた数々の言葉は、
僕のゆるぎない信念を後押ししてくれたと言ってもいい。


IMG_2999-2.jpg


その松下幸之助が社員に語ったエピソードが今でも僕の心に強く強く響き渡る。


それを引用します。


「工場では、電球を布で磨いていくという仕事がありました。
ある日、しらけたような表情で、つまらなさそうに電球を布で磨いている社員がいました。
その社員に対して松下氏は、「君、ええ仕事してるなー」と、語りかけました。

このように言われた社員はというと、「電球を布で磨く仕事のどこが良い仕事なんだ」「電球磨きなんて、誰でもできる仕事だろ」などと思っていたようで、松下氏の言葉に唖然としたそうです。

続けて、松下氏は、その社員に語りかけました。

この電球はどこで光っているか知っているか?あんたが磨いたその電球で町の街灯に明かりがつく。その街灯のおかげでどうしても夜遅くに駅から家に帰らなあかん女の人、いつも怖い思いをして帰っていた女の人が安心して家に帰ることができる。

子どもたちが絵本を読んでいると、外が暗くなって、家の中はもっと暗くなる。そうなれば、絵本を読むのを途中でやめなあかん。でもな、あんたが磨いている電球1個あるだけで、子どもたちは絵本を読むことを続けることができるんや。あんたは電球を磨いているんやないで。子どもたちの夢を磨いているんや。子どもたちの笑い声が聞こえてこんか?

物作りはな、物を作ってはあかん。物の先にある笑顔を想像できんかったら、物を作ったらあかんのやで。子どもたちの夢のために、日本中、世界中にこの電球をともそうや。」






僕は独立してからまもなく、他社と競り勝たなければいけないと思った時期も正直あった。
売り上げを毎年上げ続けなければいけない義務感に襲われたこともあった。
しかしそれは僕自身の正しい社会貢献ではないと後に気づかされ、軌道修正をしてきた。


自分で切り開いてきたこの道が正しい道であり続けるように、
これからも変わらぬ信念で作り続けようと思う。





この記事へのコメント

  • 世知辛い現在、ジーノさんの様な職人さん、考え方の出来る人が居る事が嬉しく増える事を望みます!
    2019年06月11日 22:47
  • Jino

    共感してくださる人たちがいることで、僕の心が救われます。
    これからも多くの人々を導いていけるよう信念を崩さず精進していきます。
    ありがとうございます。
    2019年06月12日 19:38
宍道湖しじみ
いぬはぐ
楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】