食器棚を作る

今年最後の仕事は食器棚の製作となった。
長年の顧客であるBarから、厨房の食器棚を増設してほしいというご依頼を受け、4種の棚を製作していく。


IMG_8562.jpg

まずは各パーツの骨組みを作っていく。


IMG_8563.jpg

木目調のポリエステル化粧合板を骨組みに圧着する。


IMG_8564.jpg

できあがったパネルに名前を付け、グループ分けしておく。



IMG_8565.jpg

IMG_8566.jpg

パネルを計画寸法に切りそろえる。
ここまでの作業はサンドイッチを作るのと似ている。
骨組み(具)をポリ合板(パン)で挟んで耳を切るのと同じだ。



IMG_8567.jpg

IMG_8582.jpg

IMG_8584.jpg

各パーツを組み立てていく。



IMG_8569.jpg

IMG_8572.jpg

IMG_8573.jpg

次に外側へメラミン化粧板を貼っていく。




IMG_8574.jpg

IMG_8575.jpg

メラミン化粧板は周囲5ミリほど大きめにしてあるので、目地払いという作業で仕上げていく。



IMG_8576.jpg

IMG_8577.jpg

木口にメラミン化粧板を貼っていく。



IMG_8578.jpg

IMG_8580.jpg

最後の仕上げとなるので、目地払いをしてさらに面取りをする。



IMG_8585.jpg

4種類の棚ができあがった。
店のオープン前に設置して完了だ。

来年はここでテーブルを設置する予定もある。
客足を増やすことや能率を上げるために、店というのは常に変化していく。
私はオープン当初からずっとその注文を受け続けている。
大工という仕事はお客様の問題解決のためにあると言っていいだろう。

ありがたいことに来年早々から仕事が詰まっている。
これからもさらに満足してもらえるよう、日々精進するのみだ。


今年も心より感謝し、仕事を納めます!











この記事へのコメント

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】