収納棚を杉集成材で作る2

各パーツの仕上げカットが終わったら、組み立てに入っていく。
まずは4方枠を繋いでいく。


IMG_8526.jpg

ビス打ち固定を始める前に直角をぴったりと決めておく。


IMG_8528.jpg

次に最初の2方向を長ビスで繋ぐのだが、杉材は繊維が荒いため必ずビス誘導の下穴をあけてからビスを打つ。
これをやらなければ、ズレたり割れたり材同士が密着しなかったりと、精度の悪い組み立てになってしまう。


IMG_8529.jpg

同じ要領で4方すべて繋いでいく。


IMG_8531.jpg

収納は上段と下段に分け、現場で接合する計画とした。
大きく作ってしまうとエレベーターに入らず、施設の上階へ運搬することができなくなるからだ。


IMG_8532.jpg

続いて縦仕切りを取り付ける。


IMG_8533.jpg

上段、下段ともに同じ作業を繰り返す。


IMG_8534.jpg

IMG_8536.jpg

次に棚板を一枚ずつ固定していく。



IMG_8537.jpg

上段部分の組み立てが8割ほど完了した。


来週につづく・・・




この記事へのコメント

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】