プライベートルーム

築40年の住宅の庭に、木造の小部屋を作りました。
駐車スペースの土間整備も含め、
気温30度以上の猛暑の最中、
一ヶ月ほどで完成しました。

room0001.jpg
駐車場から裏庭へ向かうと小部屋が顔を覗かせます。

room0002.jpg

room0003.jpg
住宅と小部屋の間を抜けます。

room0004.jpg
3坪弱の小さな部屋です。

room0005.jpg

room0006.jpg
住宅の掃き出しから素足で移動できるように、ウッドデッキを敷きました。
もちろんガーデンパーティーも可能です。

room0007.jpg
屋根はトタン張りですが、室内の天井裏にはグラスウールを詰めて断熱しているので、暑さも雨音もかなり減らすことができました。
手作りの木製窓には、昔懐かしいねじ込み式の真鍮鍵を使いました。

room0008.jpg
東側はちょうど道路の交差点になっていて信号待ちの車との目線が気になったので、窓を高めに設定し、遠くの景色と青空が見えるようにしました。

room0009.jpg
9月にはオーナー夫人の第一子が誕生する予定です。
将来は子供部屋になることでしょう・・・。



この記事へのコメント

  • はびる

    ブログを読んでいると依頼主さんへの気遣いが沢山感じられますよね~φ(.. ) 雨音や断熱や窓からの目線とかっていうのはつくり手さんからの提案なのでしょうか? 知り合いの方がアパートを建てたんですけど施工にあたり何だか悲しくなるようなお話を聞いたのでJINOさんのように心遣いの職人さんが沢山いたらいいのになあって思いました。
    2008年07月19日 16:34
  • Jino

    クライアントさんはプロではないので、こちら側で全部提案していますよ。
    これまで経験してきたからわかることですよね。
    「自分がもし住むなら」
    これが僕の基本です。
    職人は皆、そうあるべきだと思います。
    2008年07月19日 18:35

この記事へのトラックバック

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】