音を極める場所6

浮き天井の下地を組み終わったあとは 最も重要な項目に取り掛かる。 密閉室で重要な換気設備を 自ら計画した。 昨年から空調設備業者と何度も打ち合わせをし、 なぜこのような計画をしなければならないのかをしっかり説明し 納得してもらった。 通常ではない空調計画をプロの業者に理解してもらうことは かなりのエネルギーを必要とする。 なぜなら事例がないわけだから。 しかし設計をした僕が自信を持ってそのプロに説明し 納得させなければならない。 それはその密閉室に閉じ込められて音を奏でる演奏者の命に関わることなのだから。 最終的にはその空調業者との息がぴったりと合った! これで空気の流れを完璧に行えるようになった。 それと同時に、電源設備と録音の要ともなる マイクケーブルの配線も行う。 電源設備も自ら設計した。 なので電源ケーブルの配線の際は 自分が電気屋のリーダーとなる。 この特殊配線を電気屋に説明してる暇はないし、 それを説明したところで全く理解してもらえないことは事前にわかっているから・・・ レコーディングエンジニアという施主の思いを、 僕がそのまま受け継いで配線していく。 施主と一体になることが僕の最も重要な仕事だ。 「消音フレキ」という特殊なダクトを使って各ブースへの分岐配管を行う。 それが完了したら、…

続きを読む

音を極める場所5

土間コンクリートが乾燥するまでの間は、 屋上の遮熱塗装を施主と共に行った。 もちろん「ガイナ」を使って。 数年前、施主が現在使用している古い借家スタジオのスラブが灼熱地獄となり 僕がガイナを勧めたのが始まりだった。 その時も一緒に施工をした。 その結果スタジオ内の気温は驚くほど下がり、 エアコン光熱費も格段に安くなったという報告をいただいた。 施主と一緒に問題解決をしていくことは、 僕としては普通の行動である。 そして土間コン乾燥が十分になった頃、 スタジオ内のガイナ塗装を開始した。 施主も応援してくれた。 共にペンキ塗りという作業を通して心を通い合わせる。 しかしこれはただのペンキではない。 セラミックの機能を発揮させる大切な塗装だ。 アシスタントの繊細さは、この塗装作業にもしっかりと現れていた。 一度やり方を教えただけで、見る見るうちにベテランになっていく。 この塗装の目的は、 断熱、吸音、結露防止、防カビ、空気清浄・・・ なんとも頼もしい材料だ。 ガイナが乾燥したら防音天井の施工に入る。 防振ハンガーを天井全面に使用する。 基準となる角材を防振ハンガーにセットし、 高さを揃える。 躯体から完全に離れた浮き天井の下地を作る。

続きを読む

音を極める場所4

音を奏でるための部屋の施工をしている間に 音を極める場所の躯体工事は完了していた。 そしていよいよ自分が設計した防音内装工事を始めていく。 先ずは各部屋の躯体写真を載せておく。 ここまでがメインブースとドラムブース、そしてヴォーカルブースとなる場所だ。 そしてここがコントロールルーム。 つまりレコーディングエンジニアである施主が音を極めていく場所となる。 高窓が見えるが、これは建築基準法の上で必要となる採光窓だ。 しかし・・・ レコーディングでは必要ない・・・。 ここから先は法律に触れてしまうので、 説明を止めることにする・・・。 そして、 浮床施工に入る。 予算の関係もあり、楽器を奏でるブースのみ浮床とすることにした。 壁周囲にはウレタンボードを水平に設置し、 防振ゴムを規則正しくセットしていく。 次にドラムブースのスペースにグラスウールを敷き詰める。 一度に全部敷き詰めないのには訳がある。 そのドラムブースにコンパネを敷いていく。 そこで僕の現場ツールとなっているのがこれ。 自分が設計した施工図をタブレットで確認しながら浮床を作っていく。 実は現場施工のシミュレーションを昨年からずっと続けていた…

続きを読む

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】