音を極める場所

いよいよ始まった。 昨年、いや一昨年から計画していた大仕事が今年・・・ 身を結ぶことになる。 昨年終わったリノベーション現場の完成記事で僕は書いた。 「これは序章に過ぎない」と。 そして本編がここから始まったわけだ。 現場にはしっかりと基礎杭が打たれ、そしてその上に地梁コンクリートが打設された。 本体工事は実績のある建設会社に任せている。 建物の基本設計は長年付き合いをしている一級建築士にお願いし、 内部の設計は施主の要望を確認しながら僕が行い、 それから建築士とコラボするというやり方だ。 このような不思議なやり方をするのは僕以外いないだろう・・・。 僕は長い時間をかけて施主と打合せをし、心の中を探り出し、 建築士に概要を細かく何度も説明し、様々な職人をこのプロジェクトに巻き込み、 さらに何度も何度も図面を書き換え、予算の問題をクリヤーし、 やっと実行へ導くことができた。 そしてこれからさらに増えて行く協力者と共に、 施主が大満足するものを皆で造って行く。 そのものは何か・・・ 僕はあえてこう名付ける。 「音を極める場所」 音の職人がここで新たな「ものづくり」を始めるために、 僕はその手助けをする。

続きを読む

大型シューズボックス

昨年から受注していたシューズボックスの製作を やっと手がけることができるようになった。 長期間お待ちいただいているお客様には 感謝の言葉しかない・・・。 これまで同様、最高の仕上がりにする! まずはフラッシュ加工の芯材を作るために 昨年から仕入れておいた米ヒバ材を選び出す。 適当な長さと厚みのものをより分けながら各パーツに割り当てていく。 さらにそれを製材して、厚みを揃えていく。 設計は昨年に終わらせていたので、さらに手描きで加工図を描き、 骨組みを組み立てる。 好きな仕事をやっと始められるようになった。 感謝!!

続きを読む

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】