天井を高く

天井をスケルトンにして塗装してほしい というご要望から既存の天井を解体したのだが、 最上階のスラブには断熱材が入っていることが多い。 発砲ウレタンの表面に塗装はできないので スラブ面だけに下地を作ることにした。 まずは木材で骨組みを作り 石膏ボードを張っていく ボードを張り終えたら 塗装屋に入ってもらい、パテ処理という作業が進められる。 天井が紺色になった。 ここから先はさらに追加工事となり、 間仕切りを作っていく。 今回は数日だけアシスタントを雇った。 おかげで自分が作業している姿を残すことができた。 しかし相変わらず大工を目指す若者は出てこない どうなることやら・・・

続きを読む

楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】