長く住み続けるために

昨年からご依頼を受けていた4LDKマンションのリノベーションが始まった。 施主ご家族のご要望を元に試行錯誤し、多くの設計変更をしながらもいいプランを導き出すことができた。 今回も信頼する協力会社を集め指揮を取りながら進めていくが、 大工は僕ひとりで行う。 玄関はサビも発生するほど古くなっている。 水周りも全て作り変える。 もちろんキッチンも新しくする。 現状は洋室2部屋に和室2部屋だが、これを全て洋室にする。 床も傷みがひどい。 早速キッチンの解体から始める。 次にフローリングを一部剥ぎ取り、設備配管の準備をしておく。 実は現場を掛け持ちしている。 明日はここに設備業者を入れながら僕はもう一つの現場でリフォームを始める。 そこでも指揮を取り、そして大工は僕ひとりだ。 体力を維持するためには、やはり段取りの質と、 睡眠の質だろう・・・

続きを読む

天井を高く・・完了

最終仕上げに入っていく。 間仕切り組立が終わり、その後塗装屋に枠を仕上げてもらった。 そして建具製作取付も完了し このあと最終のクロス仕上げに取り掛かる。 かなり若手の職人が来たのだが、クロス屋社長がこう紹介してきた。 「俺の息子だからよろしく!」 おお!こう来たか! 君も僕と同じく職人不足で嘆いていたはずだが・・・ そして肝心の腕は・・・? なかなかいいじゃないか! おかげできれいに仕上がった。 僕はおもわず社長へこう言った。 「蛙の子は蛙だな!」 正直・・・うらやましかった。 他業者の仕事はまだ残っているが、僕はすでに別現場を数件抱えているためここで引き上げる。 さあ、また休みが取れなくなりそうだ・・・が、 無理をせず、いいものを作り続けよう!

続きを読む

天井を高く

天井をスケルトンにして塗装してほしい というご要望から既存の天井を解体したのだが、 最上階のスラブには断熱材が入っていることが多い。 発砲ウレタンの表面に塗装はできないので スラブ面だけに下地を作ることにした。 まずは木材で骨組みを作り 石膏ボードを張っていく ボードを張り終えたら 塗装屋に入ってもらい、パテ処理という作業が進められる。 天井が紺色になった。 ここから先はさらに追加工事となり、 間仕切りを作っていく。 今回は数日だけアシスタントを雇った。 おかげで自分が作業している姿を残すことができた。 しかし相変わらず大工を目指す若者は出てこない どうなることやら・・・

続きを読む

できる人とできない人

これまで様々なクライアントの独立開業や移転、改装などのご依頼に応えてきた。 それらの物件というのは本当に様々で、開店後、十数年客入りが衰えない店舗もあれば まもなく閉店したり、借金を増加させながらいつまでたっても改善できない店舗など いくつかのパターンに分かれる。 その中の閉店してしまう店舗の要件として挙げられるのが「立地」だったりするのだが、 僕が今まで見てきた”経営者”の性質で考えると「立地」が悪いということを理由にする経営者は ダメな人がほとんどだと思っている。 その基準となるのがやはり・・・ 「人任せ」の経営者だ。 それは決して拭えない・・・。 今回のご依頼は、僕が以前作ったある店舗の閉店に伴う工事となった。 その店舗を見に行くと原状回復工事が中断されていた。 ご依頼はその物件の大家さんからなのだが、 その日は僕の予想どおり、大家さんの怒りの愚痴を聞くことから始まった。 僕はその悲惨なストーリーに耳を傾けずにはいられなかった。 そして数年前に開業をお手伝いしたはずの仕事が今は 被害者の大家さんを助けるという仕事に変わってしまったわけだ。 できる人とできない人 僕は二者をこう分析する。 できる人 先を読む、自分で動く、低迷をほったらかしにしない、人そして客を大事にする、真面目 できない人 成り行きに任せる、お金の話ばかりする、他人を羨む、人のせいにす…

続きを読む

宍道湖しじみ
いぬはぐ
楽天コスメ大賞(殿堂入り)【プレミアムブラックシャンプー】